シミにはさまざまな種類がありますので・・・

 

常に美意識を高く持ってスキンケアに多くの時間を費やしても、年を重ねるごとに女性の肌のお悩みは増えていきます。

これは人間として生きている以上、どうしようもないことですが、それでもトラブルの原因を理解して正しいケアを続ければ、少しだけでも老化の速度を遅らせることができます。

その中で、女性の気になる肌トラブルと言えば、シミ、シワ、乾燥、たるみ、くすみなどが挙げられますが、これらのお悩みで上位にランクインするシミのトラブルは、茶色に大きくできてしまうととても目立つ存在になります。

しかし、なかなか消すことが難しく、女性にとっては大変気になる大問題です。

また、できてしまったシミは、自分自身でのケアが難しく、やみくもにケアしても、なかなか良い効果を得ることができません。

そんなシミは、一口に言ってもさまざまな種類がありますので、そのシミのタイプを知ることが必要です。

その前に、まずは、シミができる仕組みを頭に入れておきましょう。

肌が紫外線を浴びると、肌の表面に位置する表皮細胞からエンドセリンと呼ばれる情報伝達物質が分泌され、基底層にあるメラノサイトという色素細胞にメラニン色素を作る指令を出し始めます。

本来、メラニン色素は紫外線を吸収して肌へのダメージを抑える働きをするのですが、メラノサイトが暴走してメラニンを多量に作り過ぎてしまうと、その多量のメラニンが肌に残って色素沈着を起こしてシミとして現れます。

こうしたことからシミができるわけですが、紫外線を浴びたことが大きな原因となって色素沈着によってできたシミは「老人性色素斑」と呼ばれ、シミの中でも最も多いタイプになります。

初期のまだ薄いシミなら、ビタミン剤の服用や美白化粧品で目立たないようにできますが、濃い茶色でハッキリとしたシミは、化粧品ではなかなか消すことができません。

その他には、クレンジングやマッサージなどで強く擦ったり、ムダ毛を抜いたあとや、ニキビや傷が炎症したあとなどに、茶色く跡になって残る「炎症性色素沈着」、老化が主な要因でイボのように盛り上がってできる「脂漏性角化症」、一般的にソバカスと呼ばれている「雀卵斑」、海水浴などで急激な日焼けによってできる「花弁状色素斑」、女性ホルモンのバランスが乱れることでできる「肝斑」などのタイプがあります。

これらのタイプには、それぞれに合ったケア法がありますが、予防としては、まずは、しっかりと紫外線対策することが大切です。

そして、多くの女性が美白化粧品を使うと思いますが、成分表示をしっかりと確認して選ばなければなりません。

コスメショップなどでは、数多くの美白化粧品が市販されていますが、「ホワイト○○」「美白○○」などという名前が付いていても、有効な美白成分が含んでいるとは限りません。

もし、お試し品(サエルのトライアルセット通販)があれば、まずは、それを使用してみることをオススメします。

ちなみに、美白成分の代表的なものを挙げると、情報伝達物質の働きを抑制する「カモミラET」「トラネキサム酸」「D-メラノ」、メラニンの生成を抑える「アルブチン」「コウジ酸」「エラグ酸」「ルシノール」「ルノール酸」などがあります。