月別アーカイブ: 2016年4月

ホルモンバランスの乱れが大人ニキビの原因に!

 

10歳代後半の若い頃は誰もがニキビを経験し、「青春のシンボル」とまで言われていますが、ほとんどの人は年齢とともに自然と改善されていきます。

しかし、中には、10歳代の頃は全くニキビとは無縁だったのに、20歳代になってから、ニキビで悩み出したという人もいらっしゃいます。

このような20歳を過ぎて成人してからできるニキビは、大人ニキビと呼ばれ、10歳代後半にできる思春期ニキビに比べて発症する原因は複雑で、治ったと思っても、またすぐに同じ場所にできて繰り返すという、とても厄介なニキビです。

そんな大人ニキビは、不規則な生活習慣から睡眠不足が続いたり、無理なダイエットや不規則な食生活から栄養バランスが偏ったり、仕事上のストレス、タバコ、アルコール、運動不足、肌に負担のかかるメイクやクレンジングなど、あらゆる要因が複雑に絡み合って発症しているといわれています。

このようなさまざまな要因が、体内のホルモンバランスを乱して免疫力が低下することが原因になりますが、実際は、原因をどれかに特定することは難しく、まだまだ医学的に理解されていない部分も多くあります。

ですが、大人ニキビは、体内のホルモンバランスが大きく関係しているのは事実で、大人ニキビに悩んだ女性が、産婦人科でピルを処方してもらったら、あっという間にニキビが治ってしまったというケースもあります。

20歳を過ぎて成人した女性は、一般的に思春期と比べてホルモンバランスは安定していると考えられるのですが、さまざまな心身のストレスを受けると、ホルモンバランスが乱れて免疫力が低下してしまい、その結果、肌に不調が現れるというわけです。

このような症状は、ニキビに限らず、乾燥肌や敏感肌、くすみ、シワ、シミ、たるみなど、さまざまな肌トラブルにも当てはまります。

よくニキビができやすい人は、皮脂が多いからということを聞きますが、乾燥肌の人でもできますので、オイリー肌にはあまり関係ないようです。

大人ニキビを予防するには、毎日、6時間以上の睡眠をしっかりと確保して、栄養バランスの良い食事を規則正しく摂ることが、まずは必要です。

さらに、ストレスを溜めないようにし、積極的に運動する習慣を身に付けるなど、ニキビ発症の要因となるようなことはできるだけ避けるようにしましょう。

そして、毎日のスキンケアとしては、1日、朝と晩の2回の洗顔を正しく行い、その後は、美容液などで潤いを与えてしっかりと保湿して下さい。

よく清潔な状態を保たなければとばかりに、1日に何回も洗顔してしまう人がいらっしゃいますが、洗顔のし過ぎは肌の乾燥を招くことになって、逆にニキビの原因を作ることになりますので注意して下さい。