月別アーカイブ: 2019年11月

肌のターンオーバーが乱れる原因は?

 

美肌をキープするには、肌の新陳代謝であり、角質細胞の生まれ変わるシステムのターンオーバーが正常に働いていることが必要です。

このターンオーバーによってスムーズに肌が生まれ変わるには、通常、28日程度かかりますが、何らかの原因を受けて遅くなったり、早くなったりと進行速度が変化してしまう場合があります。

ターンオーバーの速度が遅くなると、新陳代謝が鈍くなり、真皮のコラーゲンの生産が滞り、肌の弾力やハリが失われたり、メラニン色素の排出が低下してシミが目立つようになったりしてしまいます。

実際に、ターンオーバーは結構乱れやすいものです。

その原因として、まずは、どうしても避けられないことですが、年齢を重ねるとともに老化の影響によってターンオーバーは徐々に遅くなります。

これは、人間として生きている以上、どうしようもないことですが、その他に、正常に保つことを考えなければなりません。

その中で、最も大切なのが、毎日、十分な睡眠時間を確保し、栄養バランスのよい食事を摂るという規則正しい生活習慣を送ることが大切になります。

特に、睡眠は重要で、よく「肌の再生は睡眠中に行われる」といわれています。

ちなみに、夜10時から深夜2時は、肌が最も活発に生まれ変わる時間帯とされて、この時間を肌のゴールデンタイムと呼んでいます。

できれば、肌のゴールデンタイムに熟睡できるように生活環境を整えて、1日に6時間以上の睡眠時間を確保できるように心がけましょう。

そして、腸内環境の悪化や便秘、ストレスなども影響するので、基本的な生活習慣を一度見直してみることをオススメします。

Find beauty & health

このようなことが、タ-ンオーバーを乱す原因として挙げられますが、もし、ターンオーバーの遅れを感じているようであれば、ピーリングの取入れが有効になるかもしれません。

このピーリングによって、肌の新陳代謝が促進され、真皮のコラーゲンの生産が高まり、肌のたるみが改善され、ハリが戻ってきます。

しかし、ホームケアでのピーリングは、やり過ぎてトラブルになることもよくあるので、やり過ぎには十分注意して下さい。

また、洗顔のし過ぎは、逆にターンオーバーを早めてしまい、肌内部に水分を維持できない状態になって乾燥を招くことになります。

洗顔は、朝と夜の1日2回、正しい方法で行うようにして下さい。